遺伝子検査ビジネスの最前線を追いかけるサイトです。

DNA SLIM EXERCISE遺伝子分析キットの詳細

DNA SLIM EXERCISE遺伝子分析キットハーセリーズが提供する遺伝子検査キットの1つ、自分の筋肉の性質を知るための遺伝子検査キットです。

筋力が瞬発力に向いているか、持久力に向いているのか、筋肉への酸素・栄養供給、筋肉内のミトコンドリアの増殖、エネルギー生産量の調節と関係する遺伝子を調べることが出来ます。メインは生まれつき人に寄って違う遅筋線維と速筋線維の割合を検査することだと思います。

これによって運動メニューをどうするのか、向いているスポーツは何なのか、減量メニューはどんなメニューにすればいいのかの参考に出来る検査。

検査遺伝子は以下の通り。

ACTN3遺伝子・・・速筋(瞬発力)派か遅筋(持久力)派かに関係する遺伝子。

判断は、

  1. R/R型(瞬発力)
  2. R/X型(バランス)
  3. X/X型(持久力)

の3つ。

ACE遺伝子・・・血管への血液供給量(血管の拡張)に関係する遺伝子。

判断は、

  1. I/I型(持久力系の運動に適している)
  2. I/D型(まあまあ)
  3. D/D型(持久力系の運動に適していない)

の3つ。

PPGARC1A遺伝子・・・ミトコンドリアの増加、エネルギー生産を調節するPGC-1α遺伝子。持久力に関係する。

判断は、

  1. G/G型(運動の継続でミトコンドリア量が増えて、短期間で運動が楽に出来るようになる傾向)
  2. G/S型(運動の継続でミトコンドリア量が平気転記に増えて、中期間で運動が楽に出来るようになる傾向)
  3. S/S型(運動の継続でミトコンドリア量が増える量は少ないが、継続で運動が楽に出来るようになる傾向)

の3つ。

各遺伝子3パターン、3×3×3=計27パータンの診断結果が導きだされます。

付属のレポートで診断結果の解説があります。それと速筋と遅筋を高める運動も紹介してもらえるようです。

DNA SLIM EXERCISE遺伝子分析キットの詳細ステータス

名称DNA SLIM EXERCISE遺伝子分析キット
検査ジャンル運動
検査遺伝子ACTN3,ACE,PPARGC1A
検査結果速筋派,遅筋派
結果が出るまでの日数返送後、約10日前後。
遺伝子接種方法口腔粘膜を摂取。
検査機関株式会社 ハーセリーズ・インターナショナル
価格5,250円
URL公式HPはこちら
PAGETOP