Genelife2012遺伝子検査キットの検査から試料採取・返送までの行程

遺伝子検査キットってどんな感じ?ってよくわからない方もいらっしゃると思いますので、キット到着から試料を採って返送するまでの流れをここで書いておきます。

今回はGenelife2012という国内でも有名な遺伝子検査会社であるジェネシスヘルスケアが提供している検査項目が多い遺伝子検査キットです。Yahoo!Japanと提携してヤフーのトップページからも販売ページへのリンクが出ていたのでこれを機に試した人も多いのかなと思っています。

 

注文から到着まで

ネットで注文してから検査キットが届くので試料を採取して、返送するという形です。到着したキットの中身は以下の通り。左から、検査同意書の説明書、検査同意書、検査の説明、本体、です。

Genelife検査キット一覧

 

同意書の説明は色々ありますので個人情報の取り扱いなどが怖い方はよく目を通すことをおすすめします。結果は気にしすぎないこと、自己責任で受け止めること、などが書かれています。遺伝子検査キットの同意説明書

 

で、こちらが同意書。解析結果が得られる割合は約96%で約4%は結果が得られない可能性があることに同意しますか?18歳以上を対象としていることを理解していますか?といったことが書かれています。

遺伝子検査キットの同意書

 

簡単な情報と署名欄はこんな感じ。ま、簡単なものですね。電話番号とかは伝えたくなければ適当でいいのかもしれませんが、後々本人確認とかが取り辛くなりますのでやめたほうが良いでしょう。

遺伝子検査キットの同意書署名欄

 

本体の箱を開けるとこのGenelife2012で検査をすることが出来る項目の一覧が載っています。 Genelife2012遺伝子検査キットの箱を開けると・・・

 

試料採取の行程

で、肝心の試料(このGenelife2012の場合は唾液摂取)の摂取キットはこちら。

試料採取キット

 

袋から出したらこのような感じ。筒の中の線のところまで唾液を入れます(少量です)。説明書きにも書いてありますが、検査結果を正確にするために唾液を摂取する前には歯磨きを決して忘れずに!

下の写真だとわかりにくいですが、紫色の液体は保存液?のようです。唾液を入れたら、ラムネを開けるときのようにパチンと押し込むと(例えが悪いですね、すいません)、紫色の保存液と採取した唾液が混ざるような仕組みになっています。

遺伝子検査キット(袋から出した写真)

 

保存液が混ざった状態はこんな感じ(保存液で紫になっているとはいえ、唾液なんで、、汚くてすいません)。遺伝子検査キットで保存液を混ぜたところ

 

で、上の保存液が入っていた部分はまわせば取り外すことが出来るので、上の写真の状態になったら取り外して、代わりに一緒についていたキャップを閉めたら完成です。塗りつぶしてある部分は個人の検査番号?のようなシールがあらかじめ貼られています。

遺伝子検査キットの試料採取完成

 

この状態で、付属していた返送用のメール便封筒に入れて送ります。コンビニで普通に出すことが出来ました。ちなみに送料は向こう持ち(ジェネシスヘルスケア持ち)でかかりません。

 

試料を返送まで

既に料金が支払われているメール便だったので、普通にコンビニで出そうとしたら、コンビニのあんちゃんが元払いだと思って大きさとか重さを計り始めたので((あれ、こっちが送料払うのか?))と一瞬戸惑い、店員さんとボクとの間に冷たい空気が流れました。

メール便で着払い(料金は既に支払済になっていること)ってほとんどないケースなのでしょうがないのですが、出す際には一言店員さんに説明をしたほうが良いかも。私もコンビニでアルバイトをしていたことがありますが、メール便で着払い、無料ってケースは経験したことがなかったですので。

「いや、それ、返送用封筒なんで、料金とか向こう持ちで払われていると思うのですが・・・」といったら「ああ、そうなんですね、すいません、私も初めてのケースで・・・」と言っていて、大丈夫かな・・・きちんと届くかな・・・と不安でしたが・・・。中身、唾液ですし。笑

ちなみに付いてきたメール便用の返送封筒はこちら。

遺伝子検査キットの返送用の封筒

 

無事採取キットが到着したらメールで知らせてくれます。きちんと届いていて安心しました。遺伝子検査受け取り確認メール

 

このジェネシスヘルスケアのGenelife2012はウェブ上で検査結果を確認するタイプなので、このメールを受け取ったら案内に従ってIDを取得して、検査結果が出るのを待ちます。この検査は検査項目が多いので約2ヶ月かかります。ここは技術が進んで改善されるといいですねー。

解析が終わったら、また別途メールで知らせてくれます。

 

検査結果の一覧を公開しています>>Genelife2012の検査結果一覧はこちら

 

まとめ

というわけで試料を提出するまでの一連の流れを色々と見てきましたが、実際はかなり簡単で拍子抜けしてしまうと思います。時間にしても試料採取までなら説明書きを読みながら行って、30分くらいではないでしょうか。

Genelife2012の細かい検査項目などはこちらにまとめてありますので気になる方は参照してみてください。他のダイエット遺伝子検査キットやAGA遺伝子検査キットなどで調べる検査項目は全てまとめて知ることが出来るので、特定の気になる項目があるわけではなく、一度に色々と検査したい方にはおすすめです。

というかもうすぐ2014年になるわけですが、Genelife2012の名称や内容はもうすぐ変わるのでしょうか。気になるところです。

LEAVE A REPLY

*