Genelife Haplo祖先遺伝子検査キットの検査から試料採取・返送までの行程

今回はGenelife Haploのご紹介と検査の流れをまとめます。健康のためにとか、そーいった実利は全くない遺伝子検査になりますが、個人的にはこーゆーのすごく好きなので速攻で注文してみました。

祖先がどこを旅して日本までやってきたかの参考になる検査です。検査するのは母系のミトコンドリアDNA。

自分のルーツを知る

ご先祖様のルーツを知ったからといって新しい一歩を踏み出せるかと言われたら、「踏み出せない」と答えます。笑 それを知った上で、これに9800円を出せるのかはホント、人によるでしょう。

検査するハプログループというのはいくつもあるのですが、日本人はそのうち9つのハプログループのいずれかに該当する(例外あり)ということです。祖先の旅路を世界地図で見ると、こんな感じらしい。ピンとこないけど、、。

ハプログループの解説用世界地図

日本人のハプログループ9種は以下の通り。

ハプログループの解説

検査項目の詳細や価格などはこちらにまとめましたので興味がある方はご参照ください。

 

 

Genelife Haploのキットの中身

中身はこんな感じ。ジェネシスヘルスケア商品って全体的にキットの箱がしっかりとしていますが、このハプロはデザイン的にすごくかっこよかったです。

Genelife Haplo一覧

箱を開けると説明書と試料採取棒が入っています。

Genelife Haploの説明書

採取キットはこちら。 Genelife Haploの試料採取キット

 

遺伝子を採取する

このハプログループを知る検査は口内の細胞をこすり取るタイプの検査です。

採取キットの先端部分をほほに当てながら十回ずつクルクルとするのを左右一回ずつ行って完了。

採取後は10分間採取棒を乾燥させてくださいと書いてあったので、私は下のように置いておきました。

Genelife Haploの試料採取棒を乾燥させる

この乾燥の行程が終わったら採取棒兼キャップを閉じて検査自体は完了。簡単です。

ただし、遺伝子検査全般にいえることですが、検査前1時間は食べない、コーヒーとか飲まない、タバコ吸わない、ということは守ったほうがいいと思います。あとでエラーなのでやり直しとか言われても萎えますし。

 

未成年の検査に関して

で、検査が終わったら検査同意書を書いて送るのですが、未成年の方はここで親の同意が必要になってきます。

遺伝子検査には未成年でも受けられるものとそうでないものがあって、このGenelife Haploは未成年でも受けることは出来ますが、保護者の同意が必要になってきます。将来的には法律でなんらかの規制がされると予想しています。

返送する検査同意書の一番下に未成年用に法定代理人の同意欄が用意されていますので、忘れないようにしましょう。

genelife-haplo-dairinin

 

試料と検査キット、検査同意書を返送する

返送用封筒と、着払いの宅急便送り書(ヤマト運輸)が付いているので、そこに必要事項を記入してペタっと封筒に貼ります。

ジェネシスヘルスケアさんのGenelife2012という検査キットはメール便だったのですが、Genelife Haploは着払い宅急便でした。

Genelife Haploの返送用封筒

検査キットを入れるのはもちろんですが、検査同意書を一緒に封筒に入れることをお忘れなく!

入れ忘れるとたぶん検査を開始できなくて、あとで追加で送るのとか面倒そう。

宅急便はクロネコなので私はセブンイレブンから送りました。

 

ロマンを買う遺伝子検査

ということで現在はこちら検査待ちの状態なのですが、楽しみです。

 

繰り返しますが、「自分のハプログループを知った、だから何だ?」とは思います。

仮に先祖が幻の陸地スンダランドから来たと知った結果として自分のことが好きになれるのか?、と問われたらNOと答えます。

自分が何者なのかという哲学的な問いは、ヘルマンヘッセでも読んで考えるほうが将来の役には立つでしょう。

 

だけど、ボクはこの検査でロマンとわくわく感を買いました。(ちょっと高いとは感じますが)満足です。

結果が出る前からすでに満足しかけていることは内緒です。

 

追記

結果が出ました。

>>Genelife Haploの結果はこちらにまとめてあります

参考にしてみてください。

LEAVE A REPLY

*